昼キャバ・昼職へ転職!働いてみたけど夜キャバが合わないキャバ嬢へ

夜キャバが合わないキャバ嬢は意外と多い

現役キャバ嬢のナナミです!

夜キャバで働いていくことに内心限界を感じていたり、夜キャバでの働き方が合わないと感じてるキャバ嬢って、実は意外と多いんだよね。

キャバ嬢の仕事そのものに疲れてたり、夜に働くことが体に合ってなかったり…。

それなら、早いうちにそんな悩みを解決できちゃうお店に移店しちゃったり、違う職種に転職しちゃった方が良い!

特にキャバ嬢業界での女性の寿命って、他の業界に比べればずっと短いものなの。

その短い期間、だらだらと不満を抱えたまま働いていくくらいなら、思い切って早めに決断した方が良い!
私はそう思うよ♡

夜キャバが向いてないと思ってる人におすすめしたいのは、昼キャバに移店して働く道か、他の業種に転職するかの2つ。
今回は、その2つの方法について紹介していくね♪

キャバクラには『昼キャバ』という営業形態もある

キャバ嬢の仕事そのものは続けていきたいけど、夜に働くことが体に合ってないと思うなら、昼キャバに移店するのもアリ!

昼キャバっていうのは、夜キャバとほぼ同じ業務内容を昼に営業してるお店で行うこと。

要するに、営業時間が違うだけで、接客方法は夜とそんなに変わらないんだよね。

だから、昼キャバで働けば、昼の時間(ほとんどが昼の12時~18時くらい)に働くことになるから、朝型生活のままキャバ嬢の仕事を続けられるの♡

健康的な生活を続けながら、キャバ嬢という仕事そのものは続けられるっていうのが昼キャバの良いところ。

昼からの時間を空けておきたい人は、朝方(早朝6時〜12時くらい)にやってる朝キャバで働くのもおすすめの方法だよ♪

ただ、昼キャバ・朝キャバは営業時間が早い分時給も安いところが多いから、収入は夜キャバに比べて落ちちゃう恐れもあるんだけどね。

キャバクラ自体が合わない人は『昼職』へ

キャバクラで働くことそのものが自分に合わないと感じている人は、早いうちに昼職へ転職するのもひとつの方法だね♪

昼職っていうのは、一般企業で働いてるOLみたいなこと。

特に他の職業に転職するなら、決断は早い方が良いよ。
年齢を重ねれば重ねるほど、昼職へのハードルも採用のハードルもどんどん高くなっていっちゃうから。

それに、キャバ嬢として働いてると年齢の限界や将来性の無さ、連日のアルコールや体調面の負担の大きさなどなど、きつい部分がどんどん出てくる。

でも、昼職に転職したいと思ってる人の中には下記のようなことを思ってる人もいるかも。

「今からまともな昼職に就くなんてムリ…」
「元キャバ嬢を雇ってくれる仕事なんてない…」

でも、最近ではナイトワークもどんどん一般的な仕事のひとつになってきていて、キャバ嬢の仕事をしていても採用してくれる仕事は意外とたくさんあるの。

元キャバ嬢でもOKなんて職場、どこで見つけるの?
そう思ってるかもしれないよね。

けれど、実はキャバ嬢の昼職への転職をサポートしてくれる転職サイトも実在するんだよ♡

キャバ嬢の転職に特化した『昼job.com』

引用:https://hiru-job.com/

その転職サイトこそが昼job.com!
昼job.comではキャバクラをはじめとしたナイトワークをしていた女性に向けた転職サイトで、無料登録すれば元キャバ嬢でも働ける昼職をたくさん紹介してくれるの。



その職種も、普通の事務職だけじゃなく、営業職や接客業、美容系の職業などなどたくさん!

さらに、服装自由やナイトワークとの掛け持ちOK、それから経験がなくてもOKな研修制度が整ってるところとか、希望に応じていろんな職業・待遇から選ぶことができるの。

中には、接客技術やコミュ力が高いキャバ嬢を積極的に採用している会社も!

キャバ嬢をしていても難なく採用してくれる仕事がたくさんある昼job.comでの転職はかなりおすすめだよ♡

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!