【姉キャバと熟キャバの魅力】若い女性が苦手な男性のオアシス

熟・姉キャバは30代・40代女性が活躍するキャバクラ

実は最近、熟キャバ・姉キャバの人気が高まってるって知ってた?

熟キャバ・姉キャバっていうのは、その通りキャストのほとんどが熟女・お姉さんな年齢層のキャバクラのこと。

若い女の子には無い年上美人の魅力っていうのに惹かれる男の人はやっぱりいつの時代にも一定数いて、熟女好き、年上好きの男性っていうのも珍しくは無いわよね。

元々は恋愛での好みだったものが、最近ではキャバクラでのキャストの好みとしてもかなり浸透してきていて、熟女・年上のキャストの魅力に夢中になっていくお客さんが多いみたい♪

特に熟女なキャストって、接客上手で年齢を重ねたからこその美しさや落ち着き、母性があるから、そこに魅力を感じて普通のキャバクラより熟キャバが好き!っていう人が多いの。

熟女・お姉さんにおすすめの勤務地は赤羽!
【北区】赤羽のキャバクラ

熟キャバの方がキャストの年齢の幅が広い

年齢層は、熟キャバで20代後半から40代、中には50代のキャストがいるお店もある。

姉キャバの場合は20代後半から30代くらい。

熟キャバと姉キャバの違いは明確に無いけれど、強いていうならこの年齢層の違いかしら。

こうしてみると、熟キャバも姉キャバも、親子ほど年齢が離れていたり、ひとまわりも年齢が離れてるキャストも同じ店で働いてることがわかるわね。

普通のキャバクラでは、10代後半から20代前半のキャストがメイン。

普通のキャバクラよりもずっと年齢層が広いということは、それだけ色々な系統の女性がいるということ。

年齢層が近いキャストに接客されたいという人もいれば、自分よりも年上のキャストが好きな男性もいるから、自分の好みのキャストをより見つけやすいっていうのがその特徴ね♪

それから、特に年配のお客さんが多いエリアでは、20代前半のキャストは若すぎて話が合わないことから、比較的年が近くなる姉キャバや熟キャバの方が居心地良く感じる人もいるとか。

姉キャバ=「半熟キャバクラ」という言い方も

ただ、お店によっては熟女という表現を避けて熟キャバの場合も「お姉さんキャバクラ」と言ったり、姉キャバを熟キャバと普通のキャバクラの間と解釈して「半熟キャバ」と呼ぶ場合もあるわね。

そうなると、余計の熟キャバと姉キャバの区別っていうのはなくなっていくから、結局のところ、自分の年齢や接客のスタンス、それからキャラ付けに合ったお店を選ぶのが良いわね。

それから、普通のキャバクラよりも姉キャバや熟キャバの方が料金設定が安めなのもお客さんから見た魅力のひとつ。

下手に料金が高い普通のキャバクラで働いていくより、ちょっと料金抑えめの半熟キャバの方がお客さんの羽振りが良い場合もあるの。

長くキャバクラ業界で働いて行きたい人は、早めに半熟キャバや姉キャバに移ってしまうのも、稼いでいく上ではおすすめの方法ね♡

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました